スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット通販

はまっているTV番組がある。
何とも私らしくないのですが、NHKの「ITホワイトボックス」という番組。
ど素人でも分かりやすくインターネットなどの仕組みなどを教えてくれる番組。
もうすぐIPアドレスがなくなる!とか、ど素人のわたくしにはすご~く勉強になります。
勉強したことを少しづつ紹介していきます。


今やあらゆる商品がネットで買える時代になりましたね。
私もその恩恵を受けております(笑)
買って実際に手元に届くまで安心はできませんが、いいモノが手に入った!、思ったより悪かったなど、ネットでの買い物は良し悪しがあるようです。

日本のネットユーザーの約92%がネットで買い物をしたことがあるというデータがあります。日用品から手に入りにくいレアな商品までです。
今やその市場は数兆円に膨れ上がっています。

ネットショッピングを支える技術を3つのキーワード。

1.SSL
2.レコメンド
3.ロングテール

ネットショッピングで、クレジット番号や住所、電話番号という大切な個人情報を入力するのに、多少抵抗があると思います。私のその一人。
まず、個人情報を守るためには「SSL(Secure Sockets Layer)」 が付いているサイトでのショッピングを強く勧めます。皆さんもご存知の通り、SSLは暗号化の方式で、これを使っているサイトなら、ネットの途中でPWが盗まれることはほぼないと考えていいでしょう。

 URLの頭に "https;//" と付いている。(WEBのURLは普通、http://とあります)

 鍵マークが表示されている。(画面上部、URL入力バーの右側に鍵マークが現れます。)


暗号化は何重にもあなたを守っています。
SSLの「暗号化」の技術はとても高度なものですが、考え方は、私たちにも納得できるものです。
この暗号化のとき重要な働きをするのが、お役様とネットショップの間に立って 「暗号化」 を手伝う 「認証局」 という存在です。

その1.まずお店(ネットショップ)は、暗号化のための鍵を用意し、認証局に預けます。
その2.認証局は、認証局の鍵を使って、ショップの会議を暗号化し、ショップに返します。
その3.お客様が買い物をしようとすると、ショップは認証局によって暗号化された鍵をお客様に渡します。
その4。お客様は認証局から暗号の鍵を入手し、暗号を解読してショップの鍵を手に入れます。
その5.この鍵を使ってクレジット番号を暗号化し、買い物を始めるのです。

もし、ショップが偽物だとしたら、認証局の鍵が使えないことで見破れます。

これだけのことをするのは大変そうですが、実際には自動化されているので、お客様には、何の労力も必要ないのです。こうなると認証局への信頼度が大事になってきます。認証局は多くの場合、民間企業です。
認証局はネットショップから契約の申込があると、まず、代表番号に電話をかけて人材する会社かどうかを調べます。(ここは何だかアナログな感じ)次に会社の登記簿を取り寄せたり、場合によっては会社のある場所に出向くこともあるそうです。(アナログな感じではなく、アナログだ!苦笑)ネットショッピングはこうした地道な作業で支えられていたとは・・・。

レコメンドとロングテールは後日、書きます!




FC2ランキングとblogramランキングに参加しております。
よろしかったらポチっとお願い致します 笑顔にっこり

blogram投票ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

にゃ~リンガル?の独言

Author:にゃ~リンガル?の独言
ようこそ。
思い残す事のない?
人生を目指して日々
努力しております。

最近の記事
最近のコメント
ラブリー時計
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
blogram
こちらのランキングにも参加しております。
blogram投票ボタン
FC2ブログランキング
記事に興味を持たれたり、面白いと感じられましたらポっチと一押しお願い致します!

FC2Blog Ranking

ポッチっとありがとうございます!
エディタ・コミュニティ
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
あし@
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。