スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用前・使用後を考える

         容器

いつも配信されるもぐもぐメールマガジンを先ほど読んで考え深かったのでご紹介します。
食品容器に関する調査結果から見たエコ事情。
グローバルでブランドや消費者リサーチを実施する会社が、最近ある調査結果を発表しました。18カ国、2万3千人以上の人を対象としたもので、消費者が食品関連会社に対してもっと力を入れてもらいたいことは何かについてです。
北アメリカの結果で言うと、第一位が新鮮食材を使ってほしい。第二位がもっと健康によい食品を販売してもらいたい。そして、第三位が環境に優しい容器を使ってほしい。ということでした。食品用のパッケージや容器に関して言うと、消費者は便利で使い勝手のよいものでなく、より環境に優しいグリーンなものを使ってもらいたいと考えています。
実は、この数値はもっと味をよくすることに力を入れてほしいという数値を上回ってます。

環境に優しい食料品用容器、これをグリーン・フード・パッケージと呼び最近新聞の見出しなどにも出始めています。イギリスを中心に展開する世界最大級の小売店であるMarks & Spencerの最新のCSRレポートでは、従来型のフード・パッケージを18%削減し、その代わり、リサイクルペットボトルから作った容器、つまりグリーン・フード・パッケージをサラダ用などとして使用していると発表しています。

消費者の要求は食品の味だけでなく、容器の質にまで及びはじめました。使用前・使用後のことまで考えるようになったということです。そして、そこまで考えることを生産・販売する企業に求めています。どのように作られ、消費した後どうなるのか。消費者の意向を反映して、企業もそこまで考えてひとつの商品を世に出さなければならない時代になったということでしょうか。
これらを考えると企業が背負う責任は年々重くなり、多額な資金も必要になってくるわけです。
地球に優しいエコ商品(原料~製造(加工)~パッケージ~廃棄まで)を使うとなると多大な金額がかかる現代社会。
景気の低迷、しかし消費者は景気が悪いからといって企業に対して色々な面で許しはしません。景気が悪かろうが、コストがいくらかかろうが、消費者が求めてくるものは厳しい。
ここで手をぬく企業もあるし、きちんと環境を考えた商品つくり(製造)を考える企業もあり、弊社もそうですがこの先の地球環境も考え、企業にかかるコスト、消費者に向けた誠意(アピール)も含め大変な時代に突入したものだと頭を抱えてしまう今日この頃です。
余談ですが・・・
トヨタのハイブリットカー「プリウス」の一人勝ち。他社さんは大変でしょうね・・・。だって納期が来年の3月以降ですよ(苦笑)



頑張ってランキングに参加してます 笑顔にっこり
         ↓

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

にゃ~リンガル?の独言

Author:にゃ~リンガル?の独言
ようこそ。
思い残す事のない?
人生を目指して日々
努力しております。

最近の記事
最近のコメント
ラブリー時計
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
blogram
こちらのランキングにも参加しております。
blogram投票ボタン
FC2ブログランキング
記事に興味を持たれたり、面白いと感じられましたらポっチと一押しお願い致します!

FC2Blog Ranking

ポッチっとありがとうございます!
エディタ・コミュニティ
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
あし@
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。