スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手の立場で考えれば答えは出てくるもの。

この不景気のご時世の中、
モノを売るってホント大変ですよね。
だからと言ってむやみに値下げする必要もないような気がします。
はたして、顧客はお金がないのか?
ないのではなく、今は使わないというだけです。
買うタイミングではないと判断しているから。
だから今、買いたいと思わせる商品(モノ)を提案するのが重要かもしれません。

あと、私も仕事以外は一般ユーザーなので分かるのですが、
お客様は感情で商品(モノ)を買っています。
なので売り側は 「価格」 と 「価値」 を混合すると大変なことになります。
考えて見てください、
商品の価格を変えることは収益の構造を変えることになり、
経営戦略的に考えれるべきものだと思うのです。
ただそのときに忘れてはいけないのがお客様の感情そのもの。
ここを怠ってしまうと簡単にお役様を失ってしまうことになりかねないのです。

売る側は時として買う側の気持ちを忘れてしまうことがあります。
売る側の気持ちと、買う側の気持ちは全てが一致するのもではありません。
商品を売る側はいつの間にか、相手の気持ちになって物事を考えなくなってしまう。
作ること、売ることだけに集中し、それを手にするお客様の気持ちまでなれらいからです。
一昔前の日本はどうだったでしょう?
今のように大きなデパートも、スーパーも、コンビニのない時代、
商店街のような小さな商店がお客様と直接、接し、語り合い、
消費者の気持ちに直接語りかけることが出来ました。
いま、何が必要で何が不要なのかが手に取るように分かった時代です。

では、今の時代ではそれらは出来ないのか?
出来ます。
昔のようなことは出来ないかもしれませんが、お客様の気持ちになり、お客様の庭に入り込み、何がお客様の感情に触れるのかを探り出す。それぞれの企業はいま、まさにこれらのことに取り組む必要があるのではないかと思います。
その方法はさまざまでしょう。自分の会社、商品にあった方法を自分達で見つけ出し、お客様の心に触れてほしいものです。
私が理解に苦しむのが、洋服売場であれや、これやと探しているとき、必ず店員さんは話しかけてきます。
「それお似合いだと思います。」
「これは新作で入ったものでとてもいいと思います」
全ては営業トークそのものですね。
しかし、その言葉の中には気持ちは一切入っていません。
お客様の年齢や言動、そしてその日に来ている服装などをトータル的に見ていない証拠。
あと体型ね!(笑)、どう見てもそれ入らない!という事もあるもの(苦笑)
それらを踏まえて、お客様にとっていいのか?悪いのか?を考えて行動してほしいな。
お客様は、価値があって、動機がしっかりしていれば買い物をしてくれるのですから。

全ては相手の立場で発想することが大切なのだと思います。

もう今日か?
朝の7時には飛行機に乗っっているんだな・・・。
ぎりぎりまで仕事でバタバタしていたのに明日は北陸、不思議な感じです。
思いっきり楽しんできます!
写真撮りまくってきます。

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

にゃ~リンガル?の独言

Author:にゃ~リンガル?の独言
ようこそ。
思い残す事のない?
人生を目指して日々
努力しております。

最近の記事
最近のコメント
ラブリー時計
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
blogram
こちらのランキングにも参加しております。
blogram投票ボタン
FC2ブログランキング
記事に興味を持たれたり、面白いと感じられましたらポっチと一押しお願い致します!

FC2Blog Ranking

ポッチっとありがとうございます!
エディタ・コミュニティ
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
あし@
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。