スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠州地方の繊維の歴史

どういうわけか、
この業界だけには縁がないだろうな~と思っていた業界の仕事が舞い込んできました。
その業界はアパレル、繊維業界。
繊維は静岡が地場産業として有名です。そしてその昔、静岡は「遠州地方」と呼ばれていました。
遠州地方での「繊維の歴史」をご紹介します。

遠州地方は、気候が綿花の栽培に適し、江戸時代中期から日本でも有数の綿花の産地でした。
そのため。農家が自給自足で始めた手機による綿織物が市場に売り出され、江戸時代後期には副業として定着していたそうです。
明治17年には、遠州地方に初めて様式紡績工場が作られ、綿織物の生産量を大きく増やす要因となるとともに、明治29年豊田佐吉氏により小幅力織機が発明され、この普及により綿織物業が盛んになりました。
明治37年には福田市(現代の磐田市)コール天 (コーディロイ) の製織が、明治43年には別珍 (コットンベルベット) 製織がはじまり、これ以後、一般綿織物を主力とする浜松地域の別珍 (コットンベルベット) ・ コール天 (コーディロイ) を主力とする福田地域に分化していいたのです。

【参考】
ベルベット(ビロード)と、ベロアと、別珍の3つは、同一のものではありません。ベルベットは、織るときに、パイル (タオル生地) のようにループをつくり、輪の部分を切って、毛羽立たせます。別珍は、ベルベットですが、素材が綿 (コットン) のもの。コットンベルベットです。ベロアは、織るときにループにはしないで、(専門的にいうと)梳毛糸(そもうし)と紡毛糸(ぼうもうし)を交織にし、毛羽立たせた織物 です。


また、第一次世界大戦によるヨーロッパ諸国の生産力低下により、内需中心から輸出指向にかわり、これに伴って小幅織機から広幅織機へと変換が進み、輸出を伸ばしてきました。
明治初期には、福田地域が別珍・コール天の国内一の産地となり、昭和8年以降、日本の綿布輸出がイギリスを抜いて世界一になるほど、山地は活況を呈したのです。
第二次世界大戦中には、一時生産が落ち込んだものの、朝鮮戦争の特需で好景気を経た後、昭和30年代のバブル以降、生産過剰による不況に陥り、昭和40年代には、発展途上国の追い上げによる輸入の増大、先進諸国の保護貿易の風潮による輸出の減少により大きな打撃を受けたました。
昭和60年のプラザ合意や円高の進展に伴い、昭和62年には輸出量と輸入量が逆転。平成3年のバブル崩壊以降の需要低迷に加え、中国をはじめとするアジア諸国からの安価な輸入品との競合により産地規模が縮小するなど、近年は厳しい状況が続いています。

遠州地方で生産される繊維製品は、広幅織物、小幅織物、別珍、コール天といった衣料織物を中心として多種多様であり、素材も綿、スフ (ステープル・ファイバーの略で本来の意味は短繊維。 レーヨンの一種の合成繊維、木材パルプから合成して作られる) のほかレーヨン、ポリエステルなどの合成繊維もかなりの割合で混織されいています。
また、織り方も平織、綾織、変り織をはじめ、遠州地方しかできないからみ織など多岐にわたり、染色についても糸染めから注染、侵染、捺染などの多様な技術が集積しているのです。
しかし、個別企業としてみるとシーズン性のある衣料生地つくりにとどまり、伝統的な社内的分業体制が確立していて賃織という取引形態が主流であるため、下請け的な位置に陥りやすいという構造上の問題を抱えているようです。
また、SPA(製造直販店)の進出により、アジア諸国から安価な輸入製品が増加しており、中級品以下の分野では価格面で輸入製品に太刀打ちできない状況です。
このため。業界では、綿などの天然繊維を中心とした高付加価値の差別化織物の生産や二次製品分野への進出を目出して、新商品の開発、需要開拓、人材養成などの事業を行い、多種品・小ロット・短納品で対応する生産体制の構築や市場のニーズに基づいた企画提案が出来る企業の育成を図ることが重要なのだと思います。
内需産業の活性化が今の時代は必要なのかもしれませんね。

注)SPA(製造直販店)
製造小売業のこと。主にアパレル業界で見られ、これらの企業では素材調達、製品企画、製造、流通、販売、販売促進、在庫管理といった全ての工程を一貫して自社で管理している。

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

にゃ~リンガル?の独言

Author:にゃ~リンガル?の独言
ようこそ。
思い残す事のない?
人生を目指して日々
努力しております。

最近の記事
最近のコメント
ラブリー時計
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
blogram
こちらのランキングにも参加しております。
blogram投票ボタン
FC2ブログランキング
記事に興味を持たれたり、面白いと感じられましたらポっチと一押しお願い致します!

FC2Blog Ranking

ポッチっとありがとうございます!
エディタ・コミュニティ
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
あし@
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。