スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も強く(効き)=最も副作用が強い

ステロイド。
アレルギー薬としては最も効き、効くということは強い薬ということ=副作用も強い薬ということになります。

アトピー性皮膚炎によく用いられる薬に使われるステロイド。このステロイドは、副腎皮質ホルモンとも呼ばれます。
ステロイドには、大きく2つの作用があります。
ひとつは、 「 炎症を抑える作用 」もうひとつは、 「 免疫を制御する作用 」

アトピー性皮膚炎の患者さんにとって最もつらいのは、とにかく痒いということ。
痒くてかきむしってしまった結果、湿疹や傷ができてしまうと、そこに黄色ブドウ球菌などが繁殖し炎症がさらに悪化してしまうという悪循環にもなります。

ステロイドは基本、対症療法ですから、アトピー性皮膚炎の根治治療にはなりません。
まずは湿疹や皮膚の炎症を抑える効果で痒みの症状をコントロールしてあげることが大切です。
ステロイドを適切に使用して 「 夜はなんとか眠れる 」 、 「皮膚にかき傷をつくらない 」
といった程度に痒みの症状をコントロールし、次第にステロイドを使わないでも済むようにする姿勢が大切です。

ステロイド剤の強さは、一般的に・・・
最も強い(strongest)
非常に強い(very strong)
強い(strong)
穏やか(mild)
弱い(weak)
の5段階で表されています。

ステロイド剤には、皮膚の炎症を抑え、免疫の働きを弱めてアレルギー反応を抑える効果があります。時には強いランクのストロイド剤を使うことも必要ですが、副作用のリスクもふまえ、症状が軽くなったら、 「 穏やか 」 や 「 弱い 」 ランクのストロイド剤に切り替える。
ステロイド剤の副作用ばかりを怖がっていてはいけませんし、強いステロイド剤に依存して、漫然と使い続けることもいけません。
適切にステロイド剤を使用し、痒みの症状をコントロールするという姿勢が大切です。

アトピーをはじめアレルギに苦しんでいる方は沢山います。
アレルギーといっても種類(型)が4種類あるのです。

Ⅰ型アレルギー
Ⅰ型アレルギーの体質の人は、アトピー体質と呼ばれています。
Ⅰ型アレルギーの場合、体に抗原(アレルゲン)が侵入してくると、イムノグロブリンE(IgE)という抗体が作られます。このIgE抗体は、皮膚や粘膜にある肥満細胞にある受容体と結びつく性質をもっています。この状態で再び体に抗原(アレルゲン)が侵入してくると、アレルゲンはIgE抗体と結びつき、IgE抗体同士が橋渡しされます。このIgE抗体が反応して、さまざまなアレルギー症状を引き起こします。
気管支に作用すると、ぜんそくを引き起こし、皮膚に作用すると、じんましんなどのアトピー型アレルギーを引き起こします。また腸でおこると腹痛や下痢などの胃腸アレルギーを引き起こします。
アレルギー性の代表的な病気の発症は、このⅠ型アレルギータイプに入り、アレルゲンが侵入すると数分のうちに症状が出るため、 「 即時型アレルギー 」 とも呼ばれています。

Ⅱ型アレルギー
Ⅱ型アレルギーは、抗原抗体反応が自分自身の体の細胞に反応し、自分の体内にある赤血球などの細胞を壊してしまうアレルギーです。体に侵入してきた抗原(アレルゲン)が、赤血球などの細胞につくと反応をおこし、体そのものをアレルゲンにしてしまうのです。
代表的な病気は溶血性貧血で、患者さんの血液には赤血球に対する抗体ができてしまっています。
抗体は赤血球と結びつき赤血球自体を壊してしまうため、次第に貧血となってしまうのです。
このⅡ型アレルギーは、自分自身の体をアレルゲンとして自分の細胞を壊してしまうため、
「 細胞障害型アレルギー 」 とも呼ばれています。

Ⅲ型アレルギー
Ⅲ型アレルギーは、抗原(アレルゲン)と抗体が結合した 「 免疫複合体 」 が内臓器について炎症を起こすアレルギーです。体に侵入してきた抗原(アレルゲン)が、体の細胞と結合し、体そのものをアレルゲンにしてしまうのではないため、Ⅱ型とは異なりますが、自分自身の体を壊してしまう点はⅡ型アレルギーと似ています。
代表的な病気に腎炎があります。抗原と抗体が結合してできた免疫複合体が、腎臓にある糸球体という部分に障害を与え、炎症を引き起こすのです。
このⅢ型アレルギーは、血清病やリウマチなどにも関係しており、別名 「 免疫複合体型アレルギー 」 とも呼ばれています。

Ⅳ型アレルギー
Ⅳ型アレルギーは、そのほかの3つのタイプと異なり、抗体は関係していません。
リンパ球やマクロファージという細胞が、抗原に対して異常反応して引き起こるアレルギーです。
ツベルクリン反応や金属アレルギー、臓器移植などの拒否反応もⅣ型アレルギーに含まれます。
Ⅳ型アレルギーの特徴は、症状がでるまでの時間にあります。
Ⅰ型アレルギーが、アレルゲンが侵入してから数分のうちに症状が出るのに対し、Ⅳ型アレルギーでは症状が出るまでに1日から2日かかります。
このようにゆっくりと症状が現れるため、Ⅳ型アレルギーは 「 遅延型アレルギー 」 とも呼ばれています。

アレルギーとは 「 変化した反応性 」 という意味の言葉で、抗原に対する反応が一度目と二度目以降で異なることに注目して用いられた言葉です。
現在では、その免疫反応が体に不利に働く場合を指して、アレルギーと呼んでいます。
アレルギーは、それぞれの症状や原因の違いなどから、4つのタイプに分類されます。

Ⅰ型アレルギー(即時型)
抗体担当細胞:IgE
特徴:抗体(アレルゲン)が体内に侵入すると、即時的に反応が起こる。
反応時間:15~30分
おもな症状:気管支喘息・アトピー・鼻炎・胃腸アレルギー

Ⅱ型アレルギー(細胞障害型)
抗体担当細胞:IgG、IgM
特徴:細胞膜に付着している抗原(アレルゲン)と、抗体が結合して反応する。
反応時間:-
おもな症状:溶血性貧血・血小板減少症・重症筋無力症

Ⅲ型アレルギー(免疫複合体型)
抗体担当細胞:IgG(IgM)
特徴:抗原と抗体との免疫複合体が小血管壁に沈着して、炎症を起こす。
反応時間:3~8時間
おもな症状:血清病・リウマチ・腎炎・SLE

Ⅳ型アレルギー(遅延型)
抗体担当細胞:T細胞マクロファージ
特徴:抗原感作を受けたT型リンパ球が、組織障害を起こす。
反応時間:1~2日
おもな症状:臓器移植の拒否反応・結核・接触皮膚炎

Ⅰ型アレルギーのように、遺伝的要素の強い即時的なアレルギーを起こしやすい体質の人を、
アトピー体質と呼びます。ただし、アトピー性皮膚炎がⅠ型アレルギー単独で起こるわけではありません。Ⅰ型アレルギーのアトピー体質は、あくまでもアトピー性皮膚炎を発症するひとつの要因であって、実際にはⅠ型からⅣ型までが、複雑に絡み合って発症するのではないかと言われています。

スポンサーサイト

Comments

辛いもの好きなんですね

それは唐辛子の刺激成分が胃や腸の粘膜を刺激によるものです。体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促します。摂取量は控えましょう(笑)
私の場合は胃がやられます!

記事の内容に大きくはずれるかもしれませんが・・・

ワタクシ、タイ料理は大好きでして、劇辛は全く食べられないのですが、中辛くらいのものを好んで食べます。
しか~し、唐辛子を食べると、汗は噴出す、(汚い話ですが)鼻水は出る、翌日必ずお腹を壊してしまうという散々な目に合ってしまいます。
唐辛子、もしくはカプサイシンアレルギーなんてのもあるんでしょうか??
まあ、それでも美味しいので、懲りずに食べに行ってしまいますが・・・・。
  • 2008.10.02 01:12/
  • フェニーチェ URL
  • 編集

コメントの投稿


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アトピー革命 驚異のアトピー改善法 6ヶ月返金保証付き

このアトピー改善法を実践された多くの方は、現在アトピーとはまったく無縁の生活を手にされています。ここでご紹介するアトピー克服マニュアル「アトピー革命」は、20年を超える臨床観察から生まれた、画期的ですが、極めて実践的な方法です。日々ちょっとしたことを実...
  • 2008.10.03 17:03/
  • 時給百円未満

アトピー革命 驚異のアトピー改善法 6ヶ月返金保証付き

このアトピー改善法を実践された多くの方は、現在アトピーとはまったく無縁の生活を手にされています。ここでご紹介するアトピー克服マニュアル「アトピー革命」は、20年を超える臨床観察から生まれた、画期的ですが、極めて実践的な方法です。日々ちょっとしたことを実...
  • 2008.10.03 16:55/
  • 時給百円未満
プロフィール

にゃ~リンガル?の独言

Author:にゃ~リンガル?の独言
ようこそ。
思い残す事のない?
人生を目指して日々
努力しております。

最近の記事
最近のコメント
ラブリー時計
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
blogram
こちらのランキングにも参加しております。
blogram投票ボタン
FC2ブログランキング
記事に興味を持たれたり、面白いと感じられましたらポっチと一押しお願い致します!

FC2Blog Ranking

ポッチっとありがとうございます!
エディタ・コミュニティ
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
あし@
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。