スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の運命を左右する制度・・・

平成21年5月より(もう来年ですね)国民が刑事裁判に参加する(させられる?)「裁判員制度」が開始されます。国によっては陪審員の全員一致での評決だったり多数決だったり(多数決って怖すぎる・・・)色々な問題はありますが裁判員制度ってどんなものなのだろう・・・。

裁判員制度って?
選挙権のある人の中から選ばれた6名の裁判員が3名の裁判官と一緒に刑事裁判を行なう制度。
ひとつの刑事裁判について、相当数の裁判員候補者が選ばれ、その中から最終的に6名選ばれるそうです。

裁判員候補者はどのように決まるのか?
選挙権のある人の中から無作為に選ばれ、地方裁判所より負担がかからない様に配慮するようです。よって各人が調査票に必要事項等を記入の上、地方裁判所に返送する。なお原則裁判員候補についての辞退は出来ないので、諸事情について記入することとなります。

裁判員候補者になれない人
選挙権のない人、国会議員、司法関係者(司法書士、法律学の教授)、警察官、自衛官など。

裁判員となったら
地方裁判所からの呼出通知(呼出なんて!)により選ばれた候補者が、裁判長との面談によって6名の裁判員が呼出日の当日に決まります。

日当はでる?
一定額の日当が支給され、宿泊交通陽等の必要に応じて支給されます。

裁判日数はどのくらい?
裁判員の負担を考え、3日~5日程度と考えられています。(???これは一回の滞在?それとも裁判全体?3~5日で判決出るのか???)

事件内容の説明はいつ?
裁判当日に事件内容が知らされる。よって事前には何も分からなくなっています。

裁判員の任務とは?
犯罪事実を、被告人が本当に犯したかどうかの判断をする(これは神のみぞ知るの世界のような気がする・・・)
被告人が犯罪を犯していたならば、どの様な刑を科するかを決める。(気が重い・・・)

裁判員は質問は質問出来るの?
裁判員は判断に必要な事項について、裁判長に告げた上で被告人、証人、検察官、弁護士等に対して質問する事ができる。また、検察官、弁護士に対しては法律用語の質問も出来ます。ただし、被害者に対する筆問は今のところ未定だそうです。

意見が分かれた場合は?
多数決で結論を出すことになります(多数決でその人の運命が決まるのね・・・ふう~)
ただし、裁判員と裁判官の両社の意見を含んでいる事が必要。

海外における国民参加の司法制度をご紹介します。

アメリカ アメリカ
構成人数:陪審員12名
評決方法:全員一致
役割:陪審員は有罪・無罪の評決。裁判官は量刑

フランス フランス
構成人数:参審員9名、裁判官3名
評決方法:3分2以上
役割:参審員、裁判官が有罪・無罪の評決及び量刑

イタリア イタリア
構成人数:参審員6名、裁判官2名
評決方法:多数決
役割:参審員、裁判官が有罪・無罪の評決及び量刑

jumee☆japan1b 日本
構成人数:参審員6名、裁判官3名
評決方法:多数決
役割:裁判員、裁判官が有罪・無罪の評決及び量刑

思ったのですが、現状証拠などどうみても有罪と思われる事件ならまだしも、そうでない場合、非常にデリケートなことになりますね・・・。その人の人生を左右しかねない判決を出すってすごく気が重い感じです。私たちの生活は色々な情報(良くも、悪くも)が入ってくる時代。それにぜったい惑わされないという確信はどこにあるにかな~・・・。

スポンサーサイト

Comments

もしや?

このコメントをお書きになったのは・・・社長???
わたしのブログどこで見つけたのでしょうか・・・。
たしかに両社納得の結論を導き出すため多数決はいかがなものとは思います。しかし両社納得はどこまで行っても日本ではできなそう。司法取引もないし・・・。
というか「ハムラビ法典」ですか・・・あの「目には目を」の・・・。
被害者の気持ちと被告人の気持ちが一致することはどこまでいってもないでしょう・・・。

裁判員制度については、必要なのかどうか理解不能です。
もともと人が人を裁くことに疑問を感じています。
事実を解明して、両者納得の結論を導き出す目的のため、多数決を持ち込むのは如何なものでしょう。
どうせなら、犯罪者を作らない社会を作ることを目的にこんなような強制的な制度ができたほうが良い気がします。
犯罪者って法律に逆らった人を指すんですよね。そうしたら、必要のない法律は廃止して、NOWな単純明快な法律にしてくれたら、知らない間に犯罪をおかすこともなくなるんじゃないかと。。。コロコロ変わる薬事法を付き合っていると、何のために法律があるのか、増え続けているのか、マジよくわからなくなりまする。

裁判員に指名されたら、どうなんでしょうね。そこで感じる罪悪感とか、自分の判断が正しかったのかとか、一生悩みそうな気がします。その心のケアは国がしてくれるんでしょうか?

ちなみに私は「ハンムラビ法典」が最もシンプルで納得できます。す。
  • 2008.10.01 00:12/
  • Boss URL/
  • 編集

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

にゃ~リンガル?の独言

Author:にゃ~リンガル?の独言
ようこそ。
思い残す事のない?
人生を目指して日々
努力しております。

最近の記事
最近のコメント
ラブリー時計
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
blogram
こちらのランキングにも参加しております。
blogram投票ボタン
FC2ブログランキング
記事に興味を持たれたり、面白いと感じられましたらポっチと一押しお願い致します!

FC2Blog Ranking

ポッチっとありがとうございます!
エディタ・コミュニティ
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
あし@
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。